新型うつ病と向き合うドクター【心の病気を治し隊】

海と女性

新しいうつ病

カウンセリング

周囲の理解が必要

精神科や心療内科で扱われる病気の中でも特に近年増えているのが、新型うつ病です。新型うつ病はこれまでのオーソドックスなうつ病と症状が異なることから、発見が遅れがちになる病気と言えます。20代から30代の若い世代に多く発症する新型うつ病は、時に単なる性格上の問題と認識されてしまうのが問題です。こうなると、本人は非常に苦しい立場に陥ります。自覚症状があるにも拘わらず、理解が得られないことから仕事や学業、人間関係にも悪影響を及ぼすケースがあるのが厄介な点です。新型うつ病の場合は、いかに病気に早く気づくかが重要です。精神科を始め昨今の心療内科では、この手の新型うつ病にも適切な治療を始めています。比較的新しいタイプのうつ病であることから、新型うつ病に詳しい医師が常駐するクリニックは人気です。医師が適切なサポートやアドバイスをすることで、少なからず病状も落ち着きます。他人から一定の理解が得られるということが本人の気持ちを楽にするため、治療のモチベーションも上がるのが常です。専門医によって新型うつ病と診断されれば、社会的にも一定の理解が得られます。傷病休暇の申請も場合によっては可能になりますので、ゆっくりと療養出来るのも大きなメリットです。専門医による説明を受けることで、家族も治療に協力出来るようになります。従って、病気を通して家族の結びつきが強くなることも一つの魅力です。専門医による治療は先の見えない状態に様々な解決策を提示出来ることから、新型うつ病の場合にも期待が待たれています。

早期発見が大事

従来のうつ病は、生活全般において気力がなくなるのが一般的でした。食欲不振や不眠に苛まれることが多く、自責の念や罪悪感に悩む方が多かったと言えます。一方、このような症状が余り見られないのが新型うつ病です。新型うつ病の場合は仕事などの特定の状況でのみ無気力症状が現れますが、プライベートにおいては通常通り過ごすことが出来ます。食欲もむしろ増えることが多く、一見元気な状態に見えてしまうのが紛らわしい点です。また、睡眠に関しても一般のうつ病とは差があります。新型うつ病ではよく眠るのが一つの特徴で、10時間以上の睡眠をとる過眠傾向も典型的な症状です。攻撃の対象は他人や周囲の環境に向くことがほとんどであり、人間関係の崩壊も時にあり得ます。精神的に不安定になりやすく、わがままやお天気屋といったマイナスの評価を受けやすいのが新型うつ病の方です。病気の存在が把握出来ていない場合には、こういった問題行動がすべて個人の性格や性質から生じていると認識されてしまいます。ですので、社会的な評価が下がってしまうのが常です。新型うつ病については徐々に知られ始めていますが、未だ未治療で過ごす方も少なくないと言えます。このような場合には、社会的な損失を長期に渡って被らなくてはならなくなるため注意が必要です。チェックリストなどを参考にして、疑われる症状がある場合は早目に精神科医や心療内科医を訪ねることが大切となります。重症化させないうちに適切な手を打つことが大きな課題です。